ビジネス脳

働き方改革が進まないのは経営者が原因?

「働き方改革」

今、あちこちで話題になっていますね。

身近な話では世界的にも長すぎる時間外労働を
減らすとか、パートタイマーの賃金を上げるとか、
女性の社会進出をうながすなど、多項目です。

何故今働き方を改革しなきゃいけないかと言うと、
少子化の影響で労働力が減っているから。
更には、今の状態では将来的に世界との競争に
負けてしまう不安があるからです。

 

今の日本の労働は、サラリーマンの時間外勤務、
つまり残業が前提です。

どの会社でも業績の目標を掲げる際には、残業を
しないと達成出来ない数値です。
これはどんな会社も似た様な物で、会社の目標の
為に社員は家庭もプライバシーも自分の人生から
排除して会社だけに尽くす事を強要されています。

会社はそんな事望んでいない!と言っても、そんなの
嘘です。

だって、残業を減らそう!と言いながらも、仕事の
量は今までと同じですよね?
会社の目標も変わらず、かと言って人員を増やす事も
しません。

結局、経営者って言うのは自分達の為に目標を決め、
後は社員が残業や休日出勤をしてでも達成する事を
強要します。

出来なかったら給与や昇進、ボーナスに関わってくる
ので、そりゃあ皆さん、必死に働きます。
それに、会社の言う事を聞かなかったら、何かあった
時、即リストラ要員ですからね。

こんな状況での、働き方改革。

どこまで変わる気があるんだ?と思ってみていたら、
残業時間の上限が60時間でも経営側は難色です。

月60時間と言えば、20日出勤したら毎日3時間の
残業です。
毎日平均して3時間だと、6時に仕事が終わっても
9時までは働かなきゃいけない訳です。

でも、それですら経営側は難色してるんです。

よくまぁ、社員の時間を平気に犠牲に出来るなぁ…と
思いますね。

このせいで、男性は家庭から引き離されて、子供の
成長も近くで見れず、家庭や地域のコミュニティからも
どんどん引き離されて行く訳です。

そして、定年後に待っているのは、孤独です。

家に居ても居場所がない。
地域社会での付き合いがない。
友達づきあいも疎かだったから、親しい友人もない。

仕事第一の男性は、退職したら何も残りません。

 

こんな風に人生を犠牲にして会社に尽くしているのに、
会社は業績を上げる事しか考えていません。
搾取するだけ搾取して、使えなくなったらポイです。

0217

さて、こんな状況での働き方改革ですが…

現状はどうなっているかと言うと、かなり酷いです。

改革の必要性を感じている経営者は83%以上いる
のですが、実際に取り組んでいるのはその中でも
65%います。
既に取り組んでいるのは34%です。

改革に取り込んでいない理由を聞くと、なんと45%が
「経営者が取り組む必要性を感じないから」だそうです。

必要性を感じているのに、自分の会社は不要、と言う
事でしょうか?

これじゃ、いくら政府が頑張ろうと、労働組合が
躍起になろうと、意味がないですよね。

経営者自身が必要だと思ってないんですから。

結局、自分が長時間労働をする訳でもなく、上司に
パワハラされたり理不尽な扱いを受ける訳じゃない
ので、完全に他人事なんです。

全通の社長にしたって、口では自殺した社員への
謝罪と労働環境の改善を誓ってましたが、実際には
まだ何も動いていません。

全部これからですが、これってこの話題が風化して
自然消滅絵を狙っているのかな?と疑いたくなる
くらいに動きが鈍いです。

実際に現場の社員は残業するなと言われても、仕事
の量は代わってないし人員も増えていないそうです。

皆会社を出たら自宅や下請け会社で仕事をしている
んだそうで、これじゃサビ残が地下に潜った分だけ
性質が悪くなっています。

これくらいなら、会社で見える範囲で残業した方が
マシなんですが、とにかく表面の事しか見えていない
ので、対応も現実的じゃないんですよね。

これじゃ、残業がなくなるなんて夢物語です。

経営者は、本気で残業を減らそうなんて考えていません。

だって日本のサラリーマン(特に男性)は、残業必須の
前提で雇われているんですから。
現実的じゃない目標も、育休や介護休暇が取り難い
体制も、全てが男性社員は休まず長時間労働する事を
暗に強要されています。

子供が熱を出したから早退したいと言っても、多くの
上司は「奥さんはどうした?」と言いますよね。
それは、家族の事は嫁に任せて働け!と言っている
訳です。
そんな事の為に会社に迷惑をかけるな、と。

そうでないと言うなら、じゃあ何故子供の迎えは
妻の役目だろうって前提で話すのでしょうか?
おかしいですよね?

こんな風に、経営者は社員の生活や家族の事など
犠牲にして当然、なのです。

だから多分、この先20年経っても残業は減らない
んじゃないかな?と思っています。

 

 

でも一番の問題は、男性自身が残業を良しとして
いる点なんですよね。

早く帰っても居場所がないとか、暇そう=仕事が
出来ない奴と思われそう…

こんな理由で帰れるのに帰らない人はたくさんいます。

この様な男性側の心理的問題が解消されない限りは
残業削減は厳しいでしょう。

 

メルマガでしか話せないこともあります(^^)/
a-6c

-ビジネス脳