ビジネス脳

あけましておめでとうございます!

2017/02/02

新年、明けましておめでとうございます。

0104a

新しい年が明けましたね。
皆様はどんな年末年始を迎えられたでしょうか?

さて、私はこの年末年始、家族や親せきと過ごしました。
親戚が集まれば、話の中心は子供達です。
私の兄弟の場合、1歳から12歳までと幅広く子供がいます。

この子たちが大人になった頃は~なんて話になったんですが、
その際に私の兄弟とその配偶者はみんな、大学出てそこそこ
いい会社に就職して一人立ち出来たら親の役目も終わりかな~
なんて話していました。

何気ない会話でしたが、ああ、一般の人ってこんな風に考える
ものなんだなぁ…と、ちょっとした違和感を感じていました。
脱サラしてからと言うもの、私の考え方がかなり大きく変わった
からです。

以前は今書いた様に、大学出ていい会社に就職して…と言う
のが人生の勝ち組的に思っていましたが、今では我が子には
自分の力で起業して自分で稼げるようになって欲しい…と
思うようになりました。

そもそも、終身雇用制は崩壊し、今度は副業容認で会社が
生活を保障してくれた時代の終わりが始まりました。
これからは、より一層個人の力量によって収入が変わる
時代になるんだろうなぁ…と思うので、今までの勝ち組的な
やり方は意味がなくなるんですよね。

私としては、中学生くらいになったら自分で稼ぐ方法を
探させて、やらせてみようかな~と考えています。

簡単な物なら、お小遣いサイトですね。
お小遣いサイトは12歳前後から登録が可能で、リスクも
低いので最初の一歩には最適です。
勿論、親の監視下に置いて、ではありますが、自分で稼ぐ
事の楽しさや素晴らしさを子供にも知って貰いたい、と言う
想いがあります。

私も妻も、子供に対しては財産を遺そうと言うつもりが
殆どありません。
親のお金をあてにする甲斐性なしには育てたくないので、
高校生くらいになったらお小遣いも自分で稼いで貰おうと
考えています。

勿論、その為のサポートはしますが、一人でも生きていける
力を付けて貰いたいし、その為の教育をするのが親の役目
だと思っています。

実際、私も子供の頃は貧乏でしたし、妻もそうです。
だからこそ、お金のありがたみを身を持って感じています。
働かざる者食うべからずで育ってきたので、子供にもそこは
しっかり伝えたいです。

子供を育てる一番の目標は、自立させる事ですからね。
どんな仕事でもいいからちゃんと働いて、納税して、出来れば
家庭を持って欲しいなぁ…
一人でも生きていける、自立した人間に育ってほしいです。

 

メルマガでしか話せないこともあります(^^)/
a-6c

-ビジネス脳